spring court シープスキンレザースニーカー(オフホワイト)

 オフホワイト
35
36
3722,000円(税2,000円)
在庫なし
3822,000円(税2,000円)
在庫なし
型番 G2 OFF WHITE SHEEPSKIN
販売価格
22,000円(税2,000円)
購入数

お電話でもご注文を承っております。

*一番下に追記がございます。お手数ですがご確認下さいませ。


素材

アッパー::シープスキンレザー(羊革)

ソール:ラバー

 

カラー オフホワイト(ホワイトに近い、うっすらとクリームがかった色)

 

サイズ レディス

35(22〜22.5cm)

36(23〜23.5cm)

37  (23.5〜24cm)

38(24〜24.5cm)

 

 

 

スプリングコートのオフホワイトのレザースニーカーになります。

オフホワイトは、ソールがアメゴムのツートンカラーになります。

 

柔らかなSHEEP SKIN/シープスキン(羊革)を使用、

ごくわずかに、うっすらとクリームがかった優しい色合いです。



 

 



奥がシープスキンレザースニーカー(ホワイト)のレザースニーカーです。

手前がシープスキン(羊革)のオフホワイトです。

 

 



ソール部分は左右それぞれに4個の空気穴が空いており、蒸れにくく通気性に優れています。



特徴的な丸いフォルムが程よいボリューム感を出しつつも、全体はスッキリとおさまりの良いシルエット。



取り外しが可能なインソールは、かかと部分は約2cmの厚みがありますのでクッション性がいいです。



SPRING COURT(スプリングコート)

1930年、パリ在住のグリメゼンヌ家が当時としては画期的なラバブーツの製造を始めました。

その息子のジョルジュはラバーブーツを進化させるべく、エアベントを設け通気性に優れたラバーブーツを考案しました。

ジョルジュは無類のテニス好きで当時のテニスシューズを向上させようと、丈夫なコットン製のキャンバスを使い、

優れたグリップ力を発揮するラバーソールを用い革命的なテニスシューズを開発しました。

このシューズを履いた人々が「スプリング(バネ)のきいた靴で飛ぶような感覚だ!」と賛美したことから1936年、

(Spring)はバネ、(Court)はテニスのクレイコートという意味でSPRING COURT(スプリングコート)というブランドが誕生しました。

 

 

〜追記です。〜

本国の方のミスで箱のシールが「GOATSKIN(ゴートスキン)」となっておりますが、

商品は、SHEEP SKIN/シープスキン(羊革)で間違いありません。

大変申し訳ございません。



 

 

※パソコンのモニター環境により、商品の色味が実物と異なって見える場合がございます。
予めご了承ください。

spring court シープスキンレザースニーカー(オフホワイト)

販売価格
22,000円(税2,000円)

お電話でもご注文を承っております。